セットアップ

ダウンロードしたIPATGO_Vxxx_setup.exeを実行してください

def1
このウィンドウが表示された場合は【詳細情報】をクリック


def2
【実行】をクリック


UAC
このウィンドウが表示された場合は【はい】をクリック


lha
【上記の利用規約に同意します】にチェックを入れ【次へ】をクリック。


upd
【次へ】をクリックすると標準のC:\umagen\ipatgoにファイルがコピーされます。 違う場所にコピーしたい場合は、【参照】からコピー先のフォルダーを変更します。


upd
【完了】をクリックします。


lha
上記のようにコピーされ終了です。

TARGET frontier JV等の会員向けソフトにIPATGOを連携させる場合、以降の設定は各ソフトの解説をご参照ください。

ソフトウェア ファイル構成

C:\umagen
    └─ipatgo
        │  ipatgo.exe-------------メインソフトウェア
        │  font.exe---------------サブプログラム
        │  demo.exe---------------デモソフトウェア
        │  readme.txt-------------ドキュメントファイル
        │
        ※以下はソフト実行時に必要に応じ作成されます
        │
        │ receipt.csv------------historyモード投票履歴一覧ファイル
        │ result.csv-------------historyモード投票履歴結果内容ファイル
        │ stat.ini---------------statモード照会ファイル
        │ demo.ini---------------デモソフトウェア設定保存ファイル
        │ yyyyMMdd.log-----------エラーログファイル
        │
        ※呼び出し側ソフトが必要に応じ作業ファイルを作成する事があります
        │
        │ TFbtfile.csv-----------TARGETfrontiaJVの作業ファイル
        └─

プログラム削除方法

標準のままのコピー先の場合はC:\umagen\ipatgoをフォルダ毎削除するだけです。レジストリの変更はしていません。